-雪山の生態学-

 

1.多雪環境の森林

 多くの山岳域の森林では,積雪環境が林分の動態や維持機構に強く関わります。例えば,亜高山帯と高山帯との境界位置(エコトーン)では,どのような植物が生育するのかなどは積雪環境に強く規定されています。特に,多雪地域においては,雪崩,積雪沈降圧や積雪グライドといった雪に由来する撹乱要因が,樹木の生育・生存に強く関わります。

 しかしながら,積雪環境下での樹木の振る舞いや森林の動態に関する実際情報は,非常に限られていると言えます。今後の気候変動の影響により,山岳地の環境は大きく変化するかもしれません。山岳地の生態系に対する気候変動の将来的な影響予測のためにも,どのようにして多雪という特異的な環境に,樹木が生育できているのかについて調べています。 


snow_forests03.JPG


2.樹木の振る舞い

 植物は固着性ゆえに,芽生えたから動くことは基本的にできません。そのかわり,生育環境に対してある程度柔軟に対応することができます。そこで,豪雪地帯である中部山岳地帯の立山連峰の亜高山帯林において優占する針葉樹種,オオシラビソの生育様式に着目しました。その結果,オオシラビソは,多雪由来の撹乱要因が卓越する環境に対応できる形態的・生理的な特性を示し得ることがわかりました。 


snow_forests04.JPG


 さらに,北米太平洋沿岸地域・カスケード山脈に生育するアマビリスモミにも着目しました。アマビリスモミは,オオシラビソと系統分類学的に最も近縁な樹種です。米国・ワシントン州での調査の結果,オオシラビソと同様に,アマビリスモミも,多雪林では少雪林に比べて,個体を物理的に強固に構築し得るといった樹木形態の可塑性を持つことが分かりました。


snow_forests01.JPG  

 

 以上のように,山岳林における主要な撹乱要因である積雪に対して,優占する樹種がどのように適応し,生育しているのかを示してきました。

 そして現在は,多量の積雪による生育阻害,遅い雪解けによる生長期間の制限といった,樹木の生育にとって非常にストレスのかかる環境に対して,針葉樹がどのようにして順応あるいは適応しているのかについて,形態的特性と遺伝的特性の双方から研究を行っています。

 

snow_forests05.JPG

 

関連業績
 

Qian S, Saito W, Mimura M, Kaneko S, Isagi Y, Mizumachi E, Mori AS. (2014) Asymmetric gene flow and the distribution of genetic diversity in morphologically distinct Abies mariesii populations in contrasting eco-habitats. Plant Ecology 215: 1385-1397.

Mori AS, Niinemets Ü. (2010) Plant responses to heterogeneous environments: Scaling from shoot modules and whole plant functions to ecosystem processes. Ecological Research 25: 691-692.

Mori AS, Mizumachi E. (2009) Within-crown structural variability of dwarfed mature Abies mariesii in a snowy subalpine parkland in central Japan. Journal of Forest Research 14: 155-166.

Mori AS, Komiyama A. (2008) Differential survival among life-stages contributes to co-dominance of Abies mariesii and Abies veitchii in a subalpine old-growth forest. Journal of Vegetation Science 19: 239-244.

Mori AS, Mizumachi E, Sprugel DG. (2008) Morphological acclimation to understorey environments in Abies amabilis, a shade- and snow-tolerant conifer species of the Cascade Mountains, Washington, USA. Tree Physiology 28: 815-824.

Mori A, Hasegawa SF. (2007). Structural characteristics of Abies mariesii saplings in a snowy subalpine parkland in central Japan. Tree Physiology 26: 141-148.

Mori AS, Mizumachi E, Sprugel DG. (2007). Possible impacts of changing snow regimes on growth and distribution of conifer species in high elevation ecosystems. Proceedings of the International Symposium "Asian Collaboration in IPY 2007-2008", National Institute of Polar Research, pp 201-204.

Mizumachi E, Mori AS. (2007) Current-year shoots and branches structural variations within the crown of Abies mariesii growing in a forest-meadow ecotone developed on Tateyama Mountain Range in central Japan. Proceedings of the International Symposium "Asian Collaboration in IPY 2007-2008", National Institute of Polar Research, pp 205-207.


研究にまつわる写真

  • Nikko7.JPG
  • Nikko6.JPG
  • Nikko5.jpg
  • Nikko4.jpg
  • Nikko3.jpg
  • Nikko2.jpg
  • Nikko1.jpg
  • iDiv1.jpg
  • imger5.jpg
  • imger4.jpg
  • imger6.jpg
  • yosemite16.jpg
  • yosemite15.jpg
  • 52_4 thumbnail.jpg
  • shiretoko_2015-6.jpg
  • shiretoko_2015-5.jpg
  • shiretoko_2015-4.jpg
  • shiretoko_2015-3.jpg
  • shiretoko_2015-2.jpg
  • shiretoko_2015-1.jpg
  • teshio2015_7.JPG
  • teshio2015_6.JPG
  • teshio2015_5.JPG
  • teshio2015_4.JPG
  • teshio2015_3.JPG
  • teshio2015_2.JPG
  • teshio2015_1.JPG
  • yt1.jpg
  • to1.jpg
  • yk1.jpg
  • asm1.jpg
  • kn1.jpg
  • mm2.jpg
  • mk1.jpg
  • yosemite10.jpg
  • yosemite11.jpg
  • yosemite14.jpg
  • yosemite13.jpg
  • yosemite12.jpg
  • imger_01.jpg
  • imger_02.jpg
  • ynp2015April_7.jpg
  • ynp2015April_3.jpg
  • ynp2015April_1.jpg
  • ynp2015April_4.jpg
  • ynp2015April_5.jpg
  • ynp2015April_2.jpg
  • ynp2015April_6.jpg
  • esj2015_4.jpg