気候変動

気候変動は、生態系や社会に強い影響を与えます。

現在,人為活動による地球温暖化が生じていることはかなり確からしいと考えられています。人為要因による気候変動への影響の程度には,まだまだ議論がありますが,その可能性が非常に高い以上,その状況を改善する必要があります。

-とあるイベント時の環境保護活動団体の紹介ブース-
この団体(Yellowstone to Yukon Conservation Initiative)は,温暖化に伴い生物が北へ移動する際に、障害となるような生息地の分断による影響緩和のために、米国のイエローストーン国立公園からカナダのユーコン準州に至るエリア(緯度で15度の距離)を保護区によるコリドーとしようとしています。温暖化にさらされる生態系の将来変化のための適応策です。

私の研究では,気候変動による生態系への影響を考えるとともに,生態学の知見に基づくエコシステムマネジメントによって,気候変動に関連するさまざまな問題に対処する方法を模索します。

エコシステムマネジメントは,温暖化をさらに促進するような要因を排除するにおいても,気候の変化に伴う劇的な変化に対応するにおいても,大きな貢献を成し得ると考えています。生態系の健全性が保全されれば,あるいは復元されれば,社会にとっての災害となるような気候現象の緩和をすると期待できます。それゆえに,エコシステムアプローチに基づき,気候変動の問題に取り組む必要があると考えています。

関連業績

Mori AS*, Fujii S*, Kurokawa H. (2014) Ecological consequences through responses of plant and soil communities to changing winter climate. Ecological Research : in press.

Mori AS, Spies TA, Sudmeier-Rieux K, Andrade A. (2013) Reframing ecosystem management in the era of climate change: issues and knowledge from forests. Biological Conservation 165: 115-127.

森 章(編著)(2012) エコシステムマネジメント-包括的な生態系の保全と管理へ-. 共立出版, 350p (ISBN: 978-4-320-05776-0)

Mori AS (2011) Ecosystem management based on natural disturbances: Hierarchical context and non-equilibrium paradigm. Journal of Applied Ecology 48:280-292.

森章 研究室 > 研究内容 > 気候変動