生物多様性と生態系機能

生物多様性が生態系の機能性を高め、生態系サービスを維持することに重要であることが分かりつつあります。このような知見は、草地試験地などにおいて種数操作をおこなうなどにより理解が深まってきました。一方で、現実の自然環境において、生物多様性が生態系機能を支え得るのかについての知見はまだまだ限定的である。

多種多様な生物種からなる生態系を維持し、持続可能な形で管理することの必要性が問われる今、さらなる知見の集積が求められています。そこで、多種共存メカニズムに着目することで、「生物多様性が生態系機能を支えるメカニズム」の基本的な理解を得ることを目指しています。そのうえで、自然科学の理論に根差した生態系管理の在り方を模索しています。

森章 研究室 > 研究内容 > 生物多様性と生態系機能