北極圏ツンドラ

1.高緯度北極圏

急速な気候変化が認められる今,温暖化の影響に特にさらされる高緯度の生態系で,気候と植生の関連性を明らかにすることは重要と考えられます。そこで私は,カナダ高緯度北極圏・エルズミア島(ヌナブト準州)の山岳氷河の後退域において,植生の発達機構を明らかにするための野外調査を行ってきました。

2.氷河後退域の植生発達

氷河後退時期の形成年代の異なるモレーン上で植生調査を実施することで,完新世の温暖化に伴い,数万年かけて植生がどのように発達してきたのかを調べています。その結果,氷河交代後の時間とともに維管束植物種数が増加していくという,高緯度北極圏では非常に稀な植生発達のパターンが観測できました。

この植生発達パターンは,物理的な環境要因が生物の生育にとって非常に厳しい高緯度北極圏では,ほとんど見ることのできないと考えられています。私たちの研究により,この生物的な要因の強い植生発達様式が,北緯80度を越える極域オアシスで観察されました。

関連業績

Mori AS, Uchida M, Kanda H. (2013) Non-stochastic colonization by pioneer plants after deglaciation in a polar oasis of the Canadian High Arctic. Polar Science 7: 278-287.

Mimura M, Mori AS, Uchida M, Kanda H. (2013) Colonization of vegetation-rich moraines and inference of multiple sources of colonization in the High Arctic for Salix arctica. Conservation Genetics 13: 223-229.

Mori AS, Osono T, Uchida M, Kanda H. (2008) Changes in the structure and heterogeneity of vegetation and microsite environments with the chronosequence of primary succession on a glacier foreland in Ellesmere Island, high arctic Canada. Ecological Research 23: 363-370.

Mori A, Osono T, Iwasaki S, Uchida M, Kanda H. (2006). Topographical variation in initial recruitment and establishment of vascular plants and microhabitat conditions along a slope of the recently-deglaciated moraine in Ellesmere Island, high arctic Canada. Polar Bioscience 19: 85-95.

Osono T, Mori A, Uchida M, Kanda H. (2006). Chemical property of live and dead leaves of 14 plant species in a deglaciated polar oasis in Oobloyah Valley, Ellesmere Island, high arctic Canada. Proceedings of the Third International Symposium on the Arctic Research: 144-155.

森章 研究室 > 研究内容 > 北極圏ツンドラ