-老齢林の生態学-


1.老齢林の生態系

 森林は,陸域における主要な生態系であり,その保全の必要性は疑いのないところです。特に,老齢林と呼ばれる古く発達した森林(原生林)は,生物多様性の保全や生態系サービスの維持において,かけがえのない役割を果たしています。原生の森林が非常に限られたものとなってしまった今,その重要性がますます認識されています。そこで,老齢林の生態学的な特性をより明らかにするための研究をしています。

 

old-growths03.JPG


2.悠久に続くわけではない老齢林

 ところで,巨木が生え,苔むす原生の老齢林は,一見すると悠久の時間の中で止まっているかのように見えます。実際に,我々人間の寿命よりもはるかに長寿である樹木により構成される森林は,我々の時間感覚では変化を見て取ることは難しいです。しかしながら,老齢林のような生態系も,決して永久にその姿をとどめることはありません。


old-growths02.JPG


 かつては生態学においては,生態系とは安定したもので,大きな変化は生態系を歪めてしまうと考えられていました。たとえば,鬱蒼とした古い森林が,台風によりなぎ倒されたり山火事により燃えたりすると,それを自然の災害として捉えてしまうことが多く見受けられます。

 しかしながら,そのような森林も非常に昔の撹乱により破壊され,数百年ときには数千年をこえて発達してきたものであり,その発達過程のなかで,さまざまな生態学的な役割を果たしてきたはずです。老齢林はさまざまな生物の住処であるので,伐採などにより人為的に破壊することの問題は,疑うところのないものです。しかし,自然に起こる変化を無視して現状の森林の姿だけを,ある意味無理矢理保全しようとすることの問題性は,まだよく理解されていません。


old-growths01.JPG

 

3.変化に富む老齢林-森林動態-

 そこで,最も安定的なシステムに思える老齢林の生態系を対象に,どのような変化が見て取れるのかを研究しています。森林動態に関する知見は,今後の環境変化に対する森林生態系の反応を知る上で非常に重要と考えられています。

 そこで,老齢林というシステムにおいて,

1) 植物がどのような戦略をもって生育しているのか

2) 異なる種がどのようにして共存しているのか

3) 台風などの撹乱の影響はどの程度森林に残っており,生態系のプロセスに未だに関与しているのか

などについて研究を行っています。


old-growths04.JPG


 これらの結果により,老齢林という恒久的に安定してその姿をとどめると捉えられがちなシステムの,実は動的な姿(非平衡概念)を明らかにしてきました。今後は,撹乱とは無縁に思える老齢な森林に実は残っている過去の撹乱の影響(撹乱レガシー)により着目して,研究を展開しようと考えています。

  

old-growths00.JPG

  

関連業績

森 章 (2011) 自然撹乱に基づくエコシステムマネジメント ―破壊される必要性.遺伝 65(5):20-27.

森 章 (2010) 撹乱生態学が繙く森林生態系の非平衡性. 日本生態学会誌 60:19-39.

Ishii H, Yoshimura K, Mori A. (2009) Convergence of leaf display and photosynthetic characteristics of understory Abies amabilis and Tsuga heterophylla in an old-growth forest in southwestern Washington State, USA. Tree Physiology 29: 989-998.

Mori AS, Fukasawa Y, Takeda H. (2008) Tree mortality and habitat shifts in the regeneration trajectory underneath canopy of an old-growth subalpine forest. Forest Ecology and Management 255: 3758-3767.

Mori AS, Komiyama A. (2008) Differential survival among life-stages contributes to co-dominance of Abies mariesii and Abies veitchii in a subalpine old-growth forest. Journal of Vegetation Science 19: 239-244.

Doi Y, Mori AS, Takeda H. (2008) Effects of stem burial on seedling age determination for Abies mariesii and Abies veitchii in an old-growth subalpine forest in central Japan. Journal of Forest Research 13: 190-195.

Doi Y, Mori AS, Takeda H. (2008) Conifer establishment and root architectural responses to forest floor heterogeneity in an old-growth subalpine forest in central Japan. Forest Ecology and Management 255: 1472-1478.

Mori AS, Mizumachi E, Komiyama A. (2007). Roles of disturbance and demographic non-equilibrium in species coexistence, inferred from 25-year dynamics of a late-successional old-growth subalpine forest. Forest Ecology and Management 241: 74-83.

Doi Y, Mori AS, Takeda H. (2007). Dynamics of tree fine roots in a forest-meadow ecotone developed on Tateyama Mountain Range in central Japan. Proceedings of the International Symposium "Asian Collaboration in IPY 2007-2008", National Institute of Polar Research, pp 208-211.

Mori A, Mizumachi E. (2005). Season and substrate effects on the first-year establishment of current-year seedlings of major conifer species in an old-growth subalpine forest in central Japan. Forest Ecology and Management 210: 461-467.

Mori A, Takeda H. (2005). Changes in shoot properties in relation to vertical positions within the crown of mature canopy trees of Abies mariesii and Abies veitchii. Journal of Forest Research 10: 51-55.

Mori A, Mizumachi E, Osono T, Doi Y. (2004). Substrate-associated seedling recruiment and establishment of major conifer species in an old-growth subalpine forest in central Japan. Forest Ecology and Management 196: 287-297.

Mori A, Takeda H. (2004c). Functional relationships between crown morphology and within-crown characteristics of understory saplings of three codominant conifers in a subalpine forest in central Japan. Tree Physiology 24: 661-670.

Mori A, Takeda H. (2004b). Effects of undisturbed canopy structure on population structure and species coexistence in an old-growth subalpine forest in central Japan. Forest Ecology and Management 200: 89-100.

Mori A, Takeda H. (2004a). Effects of mixedwood canopies on conifer advance regeneration in a subalpine old-growth forest in central Japan. Écoscience 11: 36-44.

Mori A, Takeda H. (2003). Light-related competitive effects of overstory trees on the understory conifer saplings in a subalpine forest. Journal of Forest Research 8: 163-169.

Mori A, Takeda H. (2003). Architecture and neighborhood competition of understorey saplings in a subalpine forest in central Japan. Écoscience 10: 217-224.


研究にまつわる写真

  • Nikko7.JPG
  • Nikko6.JPG
  • Nikko5.jpg
  • Nikko4.jpg
  • Nikko3.jpg
  • Nikko2.jpg
  • Nikko1.jpg
  • iDiv1.jpg
  • imger5.jpg
  • imger4.jpg
  • imger6.jpg
  • yosemite16.jpg
  • yosemite15.jpg
  • 52_4 thumbnail.jpg
  • shiretoko_2015-6.jpg
  • shiretoko_2015-5.jpg
  • shiretoko_2015-4.jpg
  • shiretoko_2015-3.jpg
  • shiretoko_2015-2.jpg
  • shiretoko_2015-1.jpg
  • teshio2015_7.JPG
  • teshio2015_6.JPG
  • teshio2015_5.JPG
  • teshio2015_4.JPG
  • teshio2015_3.JPG
  • teshio2015_2.JPG
  • teshio2015_1.JPG
  • yt1.jpg
  • to1.jpg
  • yk1.jpg
  • asm1.jpg
  • kn1.jpg
  • mm2.jpg
  • mk1.jpg
  • yosemite10.jpg
  • yosemite11.jpg
  • yosemite14.jpg
  • yosemite13.jpg
  • yosemite12.jpg
  • imger_01.jpg
  • imger_02.jpg
  • ynp2015April_7.jpg
  • ynp2015April_3.jpg
  • ynp2015April_1.jpg
  • ynp2015April_4.jpg
  • ynp2015April_5.jpg
  • ynp2015April_2.jpg
  • ynp2015April_6.jpg
  • esj2015_4.jpg