担当講義


(専任) 

 ●撹乱と生態系管理(大学院博士課程後期)

  生態系では,「自然撹乱」と呼ばれるときに破壊的に思えるイベントが必ず発生します。このような変化が,自然界で生じる必要性について論じます。そして,短期的展望に基づく人間社会の都合で,自然撹乱を抑制しようとしたり,土地改変などにより本来とは異なる人為撹乱をもたらしたりすることの問題について考えます。

 

 ●陸域生態系管理学(大学院博士課程前期)

  陸域植生における具体的な事例をもとに,「生態系管理(エコシステムマネジメント)」について論じます。資源管理の在り方に唯一無二の正解はありません。不確実性と向き合うための方法について,受講生の方々と議論します。

 

 ●復元生態学(学部専門講義)

  広義の意味での保全生物学に含まれる生態系復元(修復あるいは再生)について論じます。人間活動により,自然本来の状態から大きく異なってしまった生態系に,積極的に人為干渉することの意義と必要性について,その是非を含めて議論します。とくに,「生物多様性」と「生態系機能」および「生態系サービス」との具体的な関連性に着目し,倫理的な価値観だけに留まらない生物多様性保全の意味を追求します。

 

 (分担)

 ●生態学技法道場(大学院博士課程前期)

  生態学を題材に,研究することの意味と実際的なアプローチについて学びます。修士課程に入学すぐの受講生が大半なので,各自が具体的な結果やデータを持っているわけではないですが,それぞれの研究の展開に必要な技法について学びます。オムニバス形式で,複数の教員により行われます。

 

 ●環境をめぐる諸問題(学部教養講義)

  その名の通り,環境にまつわる諸問題について解説します。オムニバス形式で,複数の教員により行われます。私の担当回では,国立公園などの「自然公園」「保護区」における過去の失敗事例とそこから学び取れることを,国内外の具体的事例をもとに解説し,資源管理の在り方について議論します。


研究にまつわる写真

  • Nikko7.JPG
  • Nikko6.JPG
  • Nikko5.jpg
  • Nikko4.jpg
  • Nikko3.jpg
  • Nikko2.jpg
  • Nikko1.jpg
  • iDiv1.jpg
  • imger5.jpg
  • imger4.jpg
  • imger6.jpg
  • yosemite16.jpg
  • yosemite15.jpg
  • 52_4 thumbnail.jpg
  • shiretoko_2015-6.jpg
  • shiretoko_2015-5.jpg
  • shiretoko_2015-4.jpg
  • shiretoko_2015-3.jpg
  • shiretoko_2015-2.jpg
  • shiretoko_2015-1.jpg
  • teshio2015_7.JPG
  • teshio2015_6.JPG
  • teshio2015_5.JPG
  • teshio2015_4.JPG
  • teshio2015_3.JPG
  • teshio2015_2.JPG
  • teshio2015_1.JPG
  • yt1.jpg
  • to1.jpg
  • yk1.jpg
  • asm1.jpg
  • kn1.jpg
  • mm2.jpg
  • mk1.jpg
  • yosemite10.jpg
  • yosemite11.jpg
  • yosemite14.jpg
  • yosemite13.jpg
  • yosemite12.jpg
  • imger_01.jpg
  • imger_02.jpg
  • ynp2015April_7.jpg
  • ynp2015April_3.jpg
  • ynp2015April_1.jpg
  • ynp2015April_4.jpg
  • ynp2015April_5.jpg
  • ynp2015April_2.jpg
  • ynp2015April_6.jpg
  • esj2015_4.jpg